• ホーム
  • る・く・るとは?
  • 館長あいさつ

る・く・るとは?

館長あいさつ


「静岡科学館る・く・る」は、静岡市立児童会館のあとを継いで、2004年3月21日に開館しました。「みる」「きく」「さわる」をキーワードとし、発見する喜びと創造する楽しさにあふれる体験型の科学館です。

 

当館は、「“遊び”を通して、一人・ひとりの想像力・創造力を解放し、科学を“くらし”の中にいかしていく。」を基本理念としています。子どもたちを中心としながら、あらゆる年代の市民の皆様に、体験を通して科学に親しんでいただき、静岡の地に科学の文化を広げようとしています。

 

館内には「まっくら迷路」や「おどろきスライダー」などの、五感を使って科学の不思議を体験できる展示がある他、「サイエンスショー」や「科学工作教室」、専門家が科学を分かりやすく解説する「科学茶房」など、科学の面白さにふれ夢中になって考えていただける企画を実施しております。

 

また、団体で利用される小中学校、高校の児童生徒の皆さんには、科学館ならではの魅力的な学習プログラムをご用意しています。

 

静岡科学館は、JR静岡駅南口から徒歩1分。雨にぬれずに入館できる便利な場所にあります。静岡市民の皆様はもちろん、県内外からの多くの皆様のご来館を、心よりお待ちしております。

 

静岡科学館る・く・る 館長 青木克顕

静岡科学館る・く・る
館長  青木克顕